多数(読み)たすう

精選版 日本国語大辞典「多数」の解説

た‐すう【多数】

〘名〙 (形動)
物の数や人数の多いこと。また、そのさま。
※延喜式(927)二五「凡勘公文、附入之物、得多数
※集義和書(1676頃)二「先の者多数故に、両人ともにうたれ申候」
② 一定のわくの中や比較において数や勢力を占めること。大部分。大半。
文明論概略(1875)〈福沢諭吉〉一「故に此決議は全国人民中の多数に従ふに非ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「多数」の解説

た‐すう【多数】

人や物の数が多いこと。「多数の参拝客」「多数書物」「市民が多数参加する」⇔少数
大部分。大半。「出席者の多数は若者が占める」
[類語]沢山大勢多勢大人数多く多い数数かずかず数多すうた無数多量大量おびただしいいっぱいあまた多多いくらもいくらでもざらにごろごろどっさりたっぷり十二分に豊富にふんだんに腐るほどごまんとわんさとしこたまたんまりうんとたんと仰山ぎょうさんなみなみ十分しっかりがっつり大挙多人数衆人莫大膨大巨万豊か潤沢無尽蔵山ほど盛り沢山がっぽりがっぽがっぽ多め幾多過多最多多作多め数知れない数知れぬ数え切れない十指に余る枚挙にいとまがない掃いて捨てるほどほとんど大部分大方大抵大半大多数絶対多数九分通り十中八九九分九厘総じておおむね大概全般百般万般あまねく通じてあらかたほぼおよそおおよそ大体総体大略押しなべて

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android