雑器(読み)ザッキ

大辞林 第三版の解説

ざっき【雑器】

種々の器物。雑多なうつわ。
神棚の供物くもつを盛る小さい木の皿、または片木へぎ

ぞうき【雑器】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ざっ‐き【雑器】

〘名〙
① 雑多な器物。いろいろなうつわ。雑具。ぞうき。
※摂陽群談(1701)一六「茶器香器の類、並に飲食炊煮の器物、及雑器に至まで風流を尽し」 〔魏書‐高祖紀〕
② 正月の神棚に供える供物を盛る木製の小さな皿。
※俳諧・題林一句(1683)「年徳棚、裏白の社雑器を額に打れたり」

ぞう‐き ザフ‥【雑器】

〘名〙 雑多な器物。いろいろなうつわ。ざっき。
※万葉(8C後)一六・三八二四・左注「関此饌具雑器狐声河橋等物但作歌者 即応声作此歌也」
※名語記(1275)八「水をしたむ体の物にざうきといへる如何、雑器歟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雑器の関連情報