コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底線 ていせんtrough line

岩石学辞典の解説

底線

リップルの最も低い点を連ねた仮想的な線[Allen : 1968].褶曲の最も低い底を連ねた線である.底線を連ねてできた面を底面(trough surface)という.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の底線の言及

【サイクロイド】より

…平面上で,円Cが直線lに接しながら,その上を滑らずに転がるとき,円Cの周上の点Pの描く図形Γをサイクロイドまたははい(擺)線といい,lをその底線という。円Cの半径をaとするとき,その方程式は,Cの回転角θを媒介変数として,xa(θ-sinθ),ya(1-cosθ)で与えられる(図1)。…

※「底線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

底線の関連キーワードバスケットボールケーブル敷設船サイクロイド稲田 三之助二宮[町]リップル電話線路通信

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android