コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底面 テイメン

岩石学辞典の解説

底面

石炭や他の岩石などの薄層の下部の岩石,またはソールマーク(sole marking)としての地層の底面.押し被せ断層の底を形作る水平に近い大断層面をいう[渡辺編 : 1935].ソールマークとは地層特に砂岩層の底面に印された堆積構造の総称で,実際には下に重なる泥岩層の表面に刻まれた模様が上に重なる砂岩層の底面に鋳型として保存されているものをいう[木村ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ていめん【底面】

底の面。
角柱・円柱・角錐台・円錐台などでは平行な二面。角錐・円錐などでは頂点に対する面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

底面の関連キーワードカヴァリエリの定理スチームアイロン溝状斜交成層ちぎれ雲截頭錐体直角柱三角柱直円柱円錐台斜円錐方錐形三角錐池干し斜円柱直角錐底面積八角柱直円錐角錐台正角柱

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

底面の関連情報