コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弄する ロウスル

デジタル大辞泉の解説

ろう・する【弄する】

[動サ変][文]ろう・す[サ変]《古くは「ろうず」とも》
もてあそぶ。思うままに操る。「策を―・する」「諧謔(かいぎゃく)を―・する」
あざける。からかう。なぶりものにする。
「―・じて(歌ヲ)よみて遣(や)れりける」〈伊勢・九四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうする【弄する】

( 動サ変 ) [文] サ変 ろう・す
〔「ろうずる」とも〕
もてあそぶ。 「策を-・する」 「詭弁きべんを-・する」
ひやかす。嘲弄ちようろうする。 「あないとほし、-・じたるやうにも侍るかな、と苦しがり給ふ/源氏 行幸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弄するの関連キーワードティルオイレンシュピーゲルDevilANTHEMソフィスティケーション摘まむ・撮む・抓む鹿を指して馬となすオコト・ビテックブリニェッティクセルクセス綾取る・操るグッド・バイしらごかしビトラック真珠夫人三百代言伯母ヶ酒松木淡々親がかり弁・辯あないろうず

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android