弓弦打ち(読み)ユヅルウチ

大辞林 第三版の解説

ゆづるうち【弓弦打ち】

魔物を退散させるために、弓に矢をつがえず弦の音だけさせること。鳴弦。 「 -をしつつ夜めぐりするやうになむ侍る/宇津保 蔵開上

ゆみづるうち【弓弦打ち】

邪霊などを退散させる目的で、弓の弦を弾いて鳴らすこと。つるうち。鳴弦めいげん。 「是を以て、尾代、空しく-す/日本書紀 雄略訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android