コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弓弦打ち ユヅルウチ

大辞林 第三版の解説

ゆづるうち【弓弦打ち】

魔物を退散させるために、弓に矢をつがえず弦の音だけさせること。鳴弦。 「 -をしつつ夜めぐりするやうになむ侍る/宇津保 蔵開上

ゆみづるうち【弓弦打ち】

邪霊などを退散させる目的で、弓の弦を弾いて鳴らすこと。つるうち。鳴弦めいげん。 「是を以て、尾代、空しく-す/日本書紀 雄略訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弓弦打ちの関連キーワード弦打鳴弦

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android