コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形天 けいてん

世界大百科事典内の形天の言及

【怪物】より

…ここで一角獣や人魚についての基本的な記述はほぼ定まり,13世紀のトマ・ド・カンタンプレThomas de Cantinpréの《万象論》,14世紀のマンデビルJ.Mandevilleの《東方旅行記》などの中世文芸を通じて怪物誌が広く一般に浸透することになる。また中国の《山海経(せんがいきよう)》は,東洋における怪物記述の宝庫であり,形天と呼ばれるブレミュアエと酷似する奇形人種などが論じられている。15~16世紀にはいると,西欧では宗教改革期の混乱の中で,世の終末を告げる異兆としての奇形の誕生に関心が向かった。…

※「形天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

形天の関連キーワード洞窟の地の小宇宙としてのユダヤ低地のマレシャとベイト・グヴリンの洞窟群サン橘夫人厨子・橘夫人廚子グロスター大聖堂IMAX ドーム土家 由岐雄ブルネレスキオロチョン族豊和繊維工業エベンキ族バーミアン乙訓古墳群ヒペリオン天竜山石窟パンテオンケート族語源著し

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形天の関連情報