コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

律速酵素

1件 の用語解説(律速酵素の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

律速酵素

 鍵酵素ともいう.一連の反応が酵素によって触媒される場合,その一連の反応の中で,最も酵素活性量が少なく,そこの反応が全体の速さを決めている場合,その反応を触媒する酵素.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の律速酵素の言及

【アセチルCoA】より

…微生物から高等動物まで広い範囲で分布しており,ステロイドやカロチノイドの代謝,脂質代謝などで重要な役割を演じている。また代謝の調節因子として,律速酵素rate‐determing enzyme(反応過程の進行速度を支配する酵素)の活性化や阻害を行うこともある。【徳重 正信】。…

※「律速酵素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

律速酵素の関連キーワードフラビン酵素律速段階活性中心光化学反応黄色酵素鍵酵素加水酵素酵素-基質複合体酵素阻害物質スルフヒドリル酵素

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

律速酵素の関連情報