コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

律速酵素

栄養・生化学辞典の解説

律速酵素

 鍵酵素ともいう.一連反応が酵素によって触媒される場合,その一連の反応の中で,最も酵素活性量が少なく,そこの反応が全体の速さを決めている場合,その反応を触媒する酵素.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の律速酵素の言及

【アセチルCoA】より

…微生物から高等動物まで広い範囲で分布しており,ステロイドやカロチノイドの代謝,脂質代謝などで重要な役割を演じている。また代謝の調節因子として,律速酵素rate‐determing enzyme(反応過程の進行速度を支配する酵素)の活性化や阻害を行うこともある。【徳重 正信】。…

※「律速酵素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

律速酵素の関連キーワードヒドロキシメチルグルタル酸CoAレダクターゼホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼフルクトースビスリン酸ホスファターゼコレステロールヒドロキシラーゼアセチルCoAカルボキシラーゼホスホフルクトキナーゼオルニチン脱炭酸酵素フォスフォリパーゼパスツール効果

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

律速酵素の関連情報