反応(読み)はんのう

精選版 日本国語大辞典「反応」の解説

はん‐のう ‥オウ【反応】

〘名〙 (「はんおう」の連声)
① (reaction の訳語) ある刺激に応じてある現象が生じること。また、ある刺激で、行動を起こすこと。転じて、てごたえ。ききめ。〔生物学語彙(1884)〕
② 物質が作用し合い化学変化を起こすこと。〔新しき用語の泉(1921)〕
③ うらぎること。応。〔布令字弁(1868‐72)〕

はん‐おう【反応】

〘名〙
① 一方にそむいて他方に心を寄せること。うらぎりをすること。内応。内通

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「反応」の解説

はん‐のう〔‐オウ〕【反応】

[名](スル)《「はんおう」の連声れんじょう
ある働きかけに応じて起こる物事の動き。「世間の反応を見る」「政局の動きに反応する」
生体刺激に応じて活動を起こすこと。
物質の相互作用によって別の物質を生じること。化学反応核反応
[類語](1影響刺激煽り作用響く差し響く跳ね返る祟る災いする反響反映反動反作用波紋余波皺寄せとばっちり巻き添えそばづえ手応え歯応え物議を醸すインパクトリアクションレスポンスフィードバック/(2)(3化学反応連鎖反応化学変化化成化合合成光合成腐食漂白分解加水分解感光解毒核融合核分裂核爆発

はん‐おう【反応】

はんのう(反応)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「反応」の解説

反応
はんのう
response

刺激作用の結果,生体に生じる活動ないし変化のこと。行動とほぼ同義に用いられることも多いが,特に区別する場合には,行動がおもに生体の能動性を強調するのに対して,応は刺激に対する受動的な側面を強調する際に用いられる。

反応
はんのう

化学反応」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の反応の言及

【散乱】より

… 量子力学では物質を構成している粒子(電子,陽子,中性子など)は波動としての性質をもっており(物質波),したがって,こうした粒子どうしの衝突の問題とか,これらの粒子と分子,原子,原子核との衝突の問題も散乱として扱われる。ただし,衝突の前後で,入射粒子と散乱されて出てくる粒子の種類や数が変わる場合は,反応と呼んで散乱とは区別される。核反応はその代表的な例である。…

【衝突】より

…このために散乱ということばが使われることがある。また衝突する粒子の内部構造が変化する場合,反応ということばが用いられるが,広くは衝突に含まれる。
[剛体系の衝突]
 例として,質量m1,m2の2個の回転していない球が正面衝突する場合を考える。…

※「反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android