一連/一聯(読み)イチレン

デジタル大辞泉の解説

いち‐れん【一連/一×聯】

関係のあることのひとつながり。「―の事件」
穴に糸やひもなどを通してつらねたもののひとつながり。「数珠―」
(一聯)漢詩で、一つの対句。
全判の洋紙1000枚。

ひと‐つら【一連/一行】

ひと続きに並ぶようす。また、そのもの。ひとつらなり。1列。「―の雁(かり)」「―の並木」
同じ程度。同列。
「下ざまの祝言と―にゃあいはれねえ」〈洒・世説新語茶〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例