一連(読み)イチレン

デジタル大辞泉「一連」の解説

いち‐れん【一連/一×聯】

関係のあることのひとつながり。「―の事件」
穴に糸やひもなどを通してつらねたもののひとつながり。「数珠―」
(一聯)漢詩で、一つの対句。
全判の洋紙1000枚。

ひと‐つら【一連/一行】

ひと続きに並ぶようす。また、そのもの。ひとつらなり。1列。「―の雁(かり)」「―の並木」
同じ程度。同列。
「下ざまの祝言と―にゃあいはれねえ」〈・世説新語茶〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「一連」の解説

ひと‐つれ【一連】

※新撰六帖(1244頃)一「関越てけふも暮れぬと大津馬のをのが一つれ道いそぐなり〈藤原知家〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android