コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一連/一聯 イチレン

デジタル大辞泉の解説

いち‐れん【一連/一×聯】

関係のあることのひとつながり。「―の事件」
穴に糸やひもなどを通してつらねたもののひとつながり。「数珠―」
(一聯)漢詩で、一つの対句。
全判の洋紙1000枚。

ひと‐つら【一連/一行】

ひと続きに並ぶようす。また、そのもの。ひとつらなり。1列。「―の雁(かり)」「―の並木」
同じ程度。同列。
「下ざまの祝言と―にゃあいはれねえ」〈洒・世説新語茶〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

一連/一聯の関連キーワードスタジオ・ワーク[studio work]ガーヴェイ‐ケルソン質量関係式アスファルト固化処理施設メモリーアクセスサイクルχ2検定・χ 2検定トランスファーマシンプロトコルスタックエグゼキューション計数型自動計算機ガッレンカッレラバッチファイルマーケティングコールチェーン蛋白質複合体プロシージャパルティータ単位反応過程時間分化作用ブランド連想フルコース

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android