コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後生的岩 こうせいてきがんepigenetic rock

岩石学辞典の解説

後生的岩

この語にはいくつかの使い方がある.(1) 地表または地表近くで形成された岩石[Pettijohn : 1975].(2) 周囲の岩石よりも後に形成された鉱物鉱床(Bateman : 1952).(3) 変成岩.すでに廃れた語[Keilham : 1838].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

後生的岩の関連キーワード後成的岩

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android