地表(読み)ちひょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「地表」の解説

地表
ちひょう

地球の陸地表面をいい、地球表面ともいう。地表には山地、台地、丘陵、平野があり、熱帯の多雨で湿潤な気候から乾燥気候、温帯気候、冷帯気候および寒帯気候の地域にわたって存在し、人類はこれらの環境のもとでそれぞれ特色のある生活をしている。地表の最高点がエベレスト山の標高8848メートルで、標高1000メートル以下の地表がもっとも広く、陸地の平均高度は約840メートルである。地表は内的・外的営力によって徐々にあるいは急激に変化するとともに、人類もまた地表の変化に大きな役割をなしている。

[市川正巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「地表」の解説

ち‐ひょう ‥ヘウ【地表】

〘名〙 地球の表面。土地の表面。地面
※詩序集(1133頃)南北月光明詩序〈藤原惟俊〉「天末雲斂、地表月明」 〔謝荘月賦

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「地表」の解説

【地表】ちひよう(へう)

大地の表面。南朝宋・謝荘〔月の(も)し夫(そ)れ、氣、地表に霽(は)れ、雲天末に斂(をさ)まるときは、洞始めて波だち、木(やうや)く(を)つ。

字通「地」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android