後見座(読み)コウケンザ

大辞林 第三版の解説

こうけんざ【後見座】

能舞台で、後見が控えている場所。後座あとざの後方、橋懸り寄りの隅。 → 能舞台

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうけん‐ざ【後見座】

〘名〙 能舞台で、後見が控えている場所。後座(あとざ)の向かって左のすみ、後見柱の右わきにある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の後見座の言及

【能舞台】より

…アト座の前面は囃子方座で,向かって右から笛,小鼓,大鼓,太鼓が位置する。また左奥は後見(こうけん)が座る後見座である。 シテやワキなどが扮装の変更や場面転換のためにアト座を利用することがある。…

※「後見座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android