後座(読み)アトザ

デジタル大辞泉の解説

あと‐ざ【後座】

能舞台で、舞台後方の幅3間・奥行き1間半の、横に板を張った部分。

こう‐ざ【後座】

[名](スル)銃砲を発射するとき、火薬ガスの圧力が、弾丸を腔内から発射させると同時に、銃砲そのものを後方へ押しやること。

ご‐ざ【後座】

後ろの座席。
説教・浄瑠璃・落語・講談などの興行で、あとのほうに出演すること。また、その人。真打ち。⇔前座
正式の茶事の後半部分。中立ちのあと、濃い茶薄茶を点(た)てる、改まった席。→初座
茶会がひととおりすんだあと、別の座敷でさらに酒食の供応をすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとざ【後座】

能舞台で、本舞台と鏡板との間の場所。通常、幅三間奥行一間半。前方、本舞台寄りに囃子はやし方、橋懸かり寄り後方に後見が着座する。横板。 → 能舞台

こうざ【後座】

( 名 ) スル
銃砲から弾丸が飛び出すとき、反動で砲身が後方に退くこと。

ござ【後座】

説教・講談などであとに出る者。前座に比べて芸格が上。
茶の湯で、茶事が一通りすんだあと、別室で酒肴しゆこうを出してもてなすこと。または茶事の濃茶・薄茶の席。後段。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後座の関連情報