コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐廷柱 じょていちゅうSŏ Chŏn‐gju

世界大百科事典 第2版の解説

じょていちゅう【徐廷柱 Sŏ Chŏn‐gju】

1915‐2000
韓国の詩人。号は未堂。全羅北道高敞生れ。ソウル中央仏教専門学校を卒業,1936年詩同人誌《詩人部落》を発刊して詩壇に登場。解放後ソラボル芸術大教授を経て,現在東国大教授,芸術院会員。第1詩集《花蛇集》(1941)所収の〈麝香薄荷(じやこうはつか)の裏庭道だ 美しき蛇…… どれほど大きな悲しみもて生まれたからとて,あれほど無気味な姿なのか〉という句で始まる〈花蛇〉は,人間の運命的業苦をうたっている。【大村 益夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐廷柱
じょていちゅう

ソ・ジョンジュ(徐廷柱)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報