詩人(読み)しじん

精選版 日本国語大辞典「詩人」の解説

し‐じん【詩人】

〘名〙 詩歌を作ることを専門とする人。客。騒人。また、詩的な感覚をもった人にもいう。
※懐風藻(751)春日〈紀麻呂〉「式宴依仁智、優遊催詩人
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「内裏には南殿の翠簾(みす)もあげられず、詩人(シジン)哥仙も参られず」 〔史記‐太史公自序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「詩人」の解説

【詩人】しじん

詩を作る文雅の人。詩客。・林寛〔下第して友に寄す〕詩 詩人、僻にしてに奇多し に干戈亂の時に直(あ)ふをや

字通「詩」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android