詩人(読み)しじん

精選版 日本国語大辞典「詩人」の解説

し‐じん【詩人】

〘名〙 詩歌を作ることを専門とする人。詩客。騒人。また、詩的な感覚をもった人にもいう。
※懐風藻(751)春日〈紀麻呂〉「式宴依仁智、優遊催詩人
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「内裏には南殿の翠簾(みす)もあげられず、詩人(シジン)哥仙も参られず」 〔史記‐太史公自序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「詩人」の解説

し‐じん【詩人】

詩を作る人。詩作を業とする人。
詩的な感受性を強く持っている人。「彼はなかなかの詩人だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android