コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御松明 おたいまつ

大辞林 第三版の解説

おたいまつ【御松明】

3月15日の夜、京都市嵯峨の清涼寺(釈迦堂)で行われる涅槃会ねはんえの行事。大松明を焚いて釈尊の荼毘だびのさまを再現するといわれる。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の御松明の言及

【修二会】より

…修二会の代名詞のようになっている〈御水取〉は,12日の深夜に閼伽井(あかい)(若狭井)より閼伽水を汲む儀式で,春を迎えるにあたり,若水を汲んで邪気をはらう習俗とかかわる。また毎夜練行衆の宿坊から二月堂への上堂に当たり,松明を燃やすところから,巷間〈御松明(おたいまつ)〉と称せられている。奈良時代より伝承されてきたこの行法は,種々の信仰と結びつき,日本の宗教行事のなかでも最も著名なものの一つといってよく,東大寺図書館には,鎌倉時代からの《二月堂修中練行衆日記》が伝えられている。…

※「御松明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御松明の関連キーワード柱炬火・柱松明御水取柱松明清涼寺釈迦堂釈尊

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android