御犬(読み)おいぬ

大辞林 第三版の解説

おいぬ【御犬】

江戸幕府の大奥に仕えた少女。奥女中の使用人。一五、六歳から二二、三歳まで、御錠口から御三の間までの雑用をする。御犬子供。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御犬の関連情報