コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御饌 ぎょせん

大辞林 第三版の解説

ぎょせん【御饌】

神に供える食べ物。
高貴の人、特に天皇の食べ物。みけ。供御くご

ごせん【御饌】

〔「御饌米」の略〕
神に供える米。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御饌の言及

【土俵】より

…最後に〈鎮物(しずめもの)〉,または〈うずめもの〉といって洗米,塩,するめ,コンブ,かちぐりの縁起物5品を紙に包んで水引をかけ,中央にかねて掘ってある15cm角の穴に埋めて地霊の捧物とする。この鎮物を御饌(みけ)という。次に関係者一同に神酒が回されて土俵祭が終わる。…

※「御饌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御饌の関連キーワードトヨウケノオオカミ(豊受大神)大宜津比売神豊宇気毘売神延暦儀式帳豊受大神宮神宮雑例集登由宇気神伊勢神宮摩氣神社思い置く神社建築豊受姫神出雲大社荒木田氏神嘗祭三時祭三節祭地火炉飯綱使大物忌

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御饌の関連情報