御饌(読み)ぎょせん

大辞林 第三版の解説

ぎょせん【御饌】

神に供える食べ物。
高貴の人、特に天皇の食べ物。みけ。供御くご

ごせん【御饌】

〔「御饌米」の略〕
神に供える米。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御饌の言及

【土俵】より

…最後に〈鎮物(しずめもの)〉,または〈うずめもの〉といって洗米,塩,するめ,コンブ,かちぐりの縁起物5品を紙に包んで水引をかけ,中央にかねて掘ってある15cm角の穴に埋めて地霊の捧物とする。この鎮物を御饌(みけ)という。次に関係者一同に神酒が回されて土俵祭が終わる。…

※「御饌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android