心が折れる(読み)ココロガオレル

  • 心(こころ)が折(お)・れる

デジタル大辞泉の解説

心の支えを失い、意欲がなくなる。障害にぶつかってくじける。「ずっとがんばってきたが、親友の裏切りで―・れた」
[補説]近年になって「心折れる」から意味が転じたとみられる。2000年代半ばからスポーツ選手が多用し、一般に広がった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

苦難や逆境などで、その人を支えていたよりどころがあっという間になくなってしまう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心が折れるの関連情報