心折れる(読み)こころおれる

精選版 日本国語大辞典「心折れる」の解説

こころ【心】 折(お)れる

気持を相手側に曲げる。心がやわらぐ。気がなごむ。また、心が弱くなる。
浄瑠璃栬狩剣本地(1714)四「同じちぎりをかさねんと、世継御前も玉ゆらも心おれ合ふ花の
※抒情歌(1932)〈川端康成〉「は母の死に心折れて、私達の結婚をゆるしてくれましたの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「心折れる」の解説

こころ・れる

気持ちや考えがそちらに向かう。また、気持ちが弱る。「説得に父も―・れたようだ」「相次ぐ困難に―・れる」→心が折れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android