コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忌部鳥麻呂 いんべの とりまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忌部鳥麻呂 いんべの-とりまろ

?-? 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)7年(735)中臣氏と祭祀権をあらそい,幣帛使となることをゆるされる。21年神祇少副(じんぎしよう)のとき伊勢神宮奉幣使となる。のち典薬頭(てんやくのかみ),木工助(もくのすけ)。天平宝字8年従五位上にすすむが,藤原仲麻呂の乱にかかわったとみられ,一時位をうばわれた。名は登理万里ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

忌部鳥麻呂

生年:生没年不詳
8世紀中ごろの中級官僚。天平2(730)年の「安房国義倉帳」(『大日本古文書』1巻)に安房国(千葉県南部)の国司の目(上から4番目の職)で,位が大初位上の忌部宿禰登理万里と記される者と同一人であろう。7年7月に同族の虫名らと共に,中臣氏と祭祀権を争い,忌部を幣帛使とすることを許された。以後,伊勢奉幣使,神祇少副,典薬頭,信濃守,木工助,信部(中務)少輔を歴任,この間,位も天平宝字8(764)年1月には従五位上に昇進した。しかし神護景雲1(767)年7月に本位に復帰のことが『続日本紀』にみえるので,藤原仲麻呂の乱(764)に連座して位を落とされたと推定される。

(岩本次郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

忌部鳥麻呂の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android