忘られぬ死

デジタル大辞泉プラスの解説

忘られぬ死

英国の作家アガサ・クリスティのミステリー(1945)。原題《Sparkling Cyanide,〈別〉Remembered Death》。誰からも愛されていた美女ローズマリーが自分の誕生パーティーの席上で服毒自殺して一年後、同じメンバーが集い、再び悲劇が起きる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android