コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忘られぬ死

1件 の用語解説(忘られぬ死の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

忘られぬ死

英国の作家アガサ・クリスティミステリー(1945)。原題《Sparkling Cyanide,〈別〉Remembered Death》。誰からも愛されていた美女ローズマリーが自分の誕生パーティーの席上で服毒自殺して一年後、同じメンバーが集い、再び悲劇が起きる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忘られぬ死の関連キーワード動く指死が最後にやってくる死人の鏡杉の柩ゼロ時間へねじれた家ビッグ4複数の時計ポアロのクリスマス魔術の殺人

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone