席上(読み)せきじょう

精選版 日本国語大辞典「席上」の解説

せき‐じょう ‥ジャウ【席上】

〘名〙
敷物の上。座の上。
※江戸繁昌記(1832‐36)初「遂に卒に席上(〈注〉タタミノウヘ)に死せんのみと」 〔礼記‐玉藻〕
② 宴会、会合などの場。また、その席。
※万葉(8C後)五・悲歎俗道仮合即離易去難留詩序「旦作席上之主、夕為泉下之客
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉九「送別会の席上で、大いに演説でもして其行を盛にしてやりたいと思ふのだが」 〔陸亀蒙‐採葯賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「席上」の解説

せき‐じょう〔‐ジヤウ〕【席上】

座席の上。敷物の上。
会合の場。宴会の席。「記者会見席上

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「席上」の解説

【席上】せきじよう

その席。

字通「席」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android