思宣(読み)おぼしのたまう

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐のたま・う ‥のたまふ【思宣】

〘他ハ四〙 (「おもいいう(思言)」の尊敬語) 心にお思いになり、また、口にお出しになる。お考えになったことをおっしゃる。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「そこをおろかに思ふ人にて、人のおぼしのたまふやうにしてましかば」

おぼし‐のたまわ・す ‥のたまはす【思宣】

〘他サ下二〙 (「おもいいう(思言)」の尊敬語。「のたまわす」は「のたまう」より敬意が強い) =おぼしのたまう(思宣)
※宇津保(970‐999頃)楼上上「『宮いかにおぼしのたまはすらん』といとほしけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報