敬意(読み)けいい

精選版 日本国語大辞典「敬意」の解説

けい‐い【敬意】

〘名〙 うやまう気持。相手を尊する心。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※東西南北(1896)〈与謝野鉄幹〉自序「満服の敬意と、謝意とを表し申し候ふ」 〔邵軫‐雲韶楽賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「敬意」の解説

けい‐い【敬意】

尊敬する気持ち。「敬意表する」「敬意を払う」「敬意をこめる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「敬意」の解説

【敬意】けいい

尊敬する心。〔漢書、礼楽志〕(けだ)し其のを嘉して、其の財賄ず。其の心を美として、其の聲されず(心移さず)。

字通「敬」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android