思隔(読み)おぼしへだつ

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐へだ・つ【思隔】

〘他タ下二〙 (「おもいへだつ(思隔)」の尊敬語) 心に隔てをおおきになる。よそよそしくなさる。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「おぼしへだてたる御けしきなくて、時々まうのぼらせ給ふ」

おもい‐へだ・つ おもひ‥【思隔】

〘他タ下二〙 心に隔てをおく。よそよそしくする。
※源氏(1001‐14頃)夕顔右近はこと人なりければ、思ひへだてて御有様を聞かせぬなりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android