悟澄(読み)さとりすます

  • さとりすま・す

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自サ五(四)〙 すっかり悟ったという様子をする。全く迷いから脱したという様子になる。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉新詩人「にやりと大人染(たいじんじ)みたる微笑を泛べて悟り済ましたやうに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android