微笑(読み)びしょう

精選版 日本国語大辞典「微笑」の解説

び‐しょう ‥セウ【微笑】

〘名〙 にっこりとうこと。声をたてずに、顔をくずして笑うこと。ほほえむこと。ほほえみ。みしょう。
※新聞雑誌‐二号・明治四年(1871)五月「一人微笑(ビシャウ)して云ふ」 〔宋玉‐登徒子好色賦〕

み‐しょう ‥セウ【微笑】

※三教指帰(797頃)中「慠然箕踞、莞爾微笑」
源平盛衰記(14C前)二四「待ち受けて手を取りくみ、微咲(ミセウ)して歌を唱へて云く」

ほお‐えみ ほほゑみ【微笑】

ほお‐え・む ほほゑむ【微笑】

〘自マ五(四)〙 ⇒ほほえむ(微笑)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「微笑」の解説

びしょう【微笑】[書名]

近藤啓太郎小説。昭和49年(1974)刊。がんに侵された闘病最期の日々を描く。テレビドラマ化もされた。

び‐しょう〔‐セウ〕【微笑】

[名](スル)ほほえむこと。ほほえみ。「微笑を浮かべる」「やさしく微笑する」
[補説]書名別項。→微笑
[類語]笑い笑み微笑み朗笑一笑破顔一笑スマイル

み‐しょう〔‐セウ〕【微笑】

びしょう(微笑)」に同じ。「拈華ねんげ微笑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の微笑の言及

【ほお(頰)】より

…笑いの表情運動は威嚇が転化したものだとする説からみれば,チンパンジーやゴリラにも笑いに似た表情を読みとれるだろう。ヒトの笑いについては,呵々大笑から皮肉な笑い,微笑に至るまで,ヒトに生得的な感情表現としての筋活動がある。何を笑いの対象とするかに時代と文化の違いはあるとしても,また笑うヒトの性格により笑いに差があるとしても,その笑いがヒトのどのような感情を表現しているかは共通している。…

※「微笑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android