コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憧る アクガル

大辞林 第三版の解説

あくがる【憧る】

( 動下二 )
〔「がる」は離れる意〕
心や体が居るべき所から離れてさまよう。浮かれ出る。 「思ひ余りわびぬる時は宿離れて-・れぬべき心ちこそすれ/古今六帖 2」 「物思ふ人のたましひは、げに-・るる物になむありける/源氏
心が強くひきつけられて、じっとしていられない気持ちになる。 「入道は心澄み果つまじく-・れてながめゐたり/源氏 松風
何かに心をうばわれてぼんやりする。うわの空になる。 「世の中をいとはかなきものに思して、ともすれば-・れ給ふを/栄花 様々の悦
男女の仲がうとうとしくなる。 「御中も-・れて程へにけれど/源氏 真木柱

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

憧るの関連キーワード憧らす源氏

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android