コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動詞 じどうしintransitive verb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動詞
じどうし
intransitive verb

動詞を意味のうえで,その動作の直接の対象を必要とするものとしないものとに分けたとき,前者を他動詞,後者を自動詞という。文法的には,目的語を従えるのが他動詞で,従えないのが自動詞ということになる。しかし,他動詞でも動作そのものに注目するときには目的語が省かれることもあり,自動詞でも Let's walk it. (歩いて行こう) のように,他動詞的に用いられることもあって,意味のうえからの定義と,文法論的定義とは,必ずしも一致しない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じどう‐し【自動詞】

動作主体の動作・作用が他に及ばないで、それ自身の働きとして述べられる動詞。「を」格の目的語をとることがない。「雨が降る」「花が咲く」の「降る」「咲く」などの類。⇔他動詞

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

自動詞【じどうし】

直接目的語をとらず,受動(受身形)をつくらない動詞他動詞の対。自動・他動の両様に用いられる動詞もある。日本語には,たとえば〈逃げる→逃げられる〉のように,自動詞にも受身の形式が見られる。
→関連項目使役動詞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じどうし【自動詞】

その表す動作・作用が他に及ばず、主語自身の動きを表す動詞。「戸を開ける」の「開ける」を他動詞と呼ぶのに対して、「戸が開く」の「開く」の類。西欧語では目的語をとらない・とるなど、自他の別がはっきりと表れるが、日本語では必ずしも明確でない。 ↔ 他動詞

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自動詞
じどうし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の自動詞の言及

【日本語】より

…ところで,〈態〉ということを,主格と対格の交替と相関する動詞の(規則的な)形態変化というふうに,広く解すると,日本語では,〈弟を行かせる〉のような使役の形や,〈漢字が読める〉のような可能の形や,また〈ガラスが割れる,島が見える〉のような自発の形も,その範囲に入ってくる。それが語彙的レベルになると,〈あく,あける;しまる,しめる;まわる,まわす〉のような自動詞,他動詞の対立となる。このように形態的に対立する動詞が非常に多く,英語や中国語のように同じ形で自他両用に使われる動詞はきわめて少ないというのも日本語の特徴の一つとしてあげられよう。…

※「自動詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自動詞の関連キーワード吹き込む・吹込む打ち開く・打開く治まる・収まる滅びる・亡びる溜まる・貯まる改まる・革まる削げる・殺げる峙つ・聳つ自動・自働漬く・浸く石橋真国再帰動詞追ん出る横たわる朽ちる潜まる挫ける産する絶える捌ける

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動詞の関連情報