コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懺悔王 ザンゲオウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懺悔王
ざんげおう

エドワード」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の懺悔王の言及

【エドワード[懺悔王]】より

…1042年デーン王朝の断絶とともに帰国,即位した。ウェストミンスター・アベーを建立するなど敬虔で〈懺悔王〉の異名もあったが,政治的能力を欠き治世中しばしば混乱が生じた。嗣子がいなかったので死後王位の争いがおこり,ノルマンディー公ウィリアムの侵入を招いた。…

※「懺悔王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

懺悔王の関連キーワードウェストミンスター・アベーウェストミンスター大聖堂ウィルトンの二連衝祭壇画ノルマン・コンクエストノルマン・コンクェストヘースティングズの戦エドワード[懺悔王]ウェストミンスターウィリアム(1世)ウィリアム[1世]ウィリアム1世デーンゲルドハロルド2世トスティグウィリアムイギリス史自由憲章エマ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android