成層岩(読み)せいそうがん

精選版 日本国語大辞典「成層岩」の解説

せいそう‐がん【成層岩】

※具氏博物学(1876‐77)〈須川賢久訳〉一「其大なるに至てはは数十里に延蔓す。此種の岩を成層岩(〈注〉ストラタ)と名く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の成層岩の言及

【水成説】より

…始原岩はやがて始原山系を構成するが,海水位の低下によりこの山系が海面上に露出すると,削剝されて砕屑物がそのまわりの海中に堆積する。これが生物遺骸を含む二次岩あるいは成層岩である。こうして順次新しい地層が形成される。…

※「成層岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android