戯れ歌(読み)ザレウタ

デジタル大辞泉の解説

ざれ‐うた【戯れ歌】

こっけいみのある和歌。また、狂歌。ざれごとうた
こっけいな内容の歌。また、こっけいでひわいな歌。

たわれ‐うた〔たはれ‐〕【戯れ歌】

たわむれに作る歌。こっけいな歌。また、狂歌。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

戯れ歌

1974年初演のトム・ストッパードによる戯曲。原題《Travesties》。1976年に第30回トニー賞(演劇作品賞)を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ざれうた【戯れ歌】

滑稽味のある和歌。俳諧歌。
狂歌」に同じ。

たわぶれうた【戯れ歌】

滑稽を主とした歌。狂歌。 「 -とて人々よみけるを/聞書集」

たわれうた【戯れ歌】

滑稽を主とした歌。たわぶれうた。
特に、狂歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android