コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手慣れ/手馴れ タナレ

デジタル大辞泉の解説

た‐なれ【手慣れ/手×馴れ】

扱いなれていること。
「言問はぬ木にはありともうるはしき君が―の琴にしあるべし」〈・八一一〉
飼いならしてあること。よくなついていること。
「わが門のひとむらすすき刈り飼はむ君が―の駒も来ぬかな」〈後撰・恋二〉

て‐なれ【手慣れ/手×馴れ】

[名](スル)使いなれていること。また、やりなれていること。「―の釣り竿」「―した手つき」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

手慣れ/手馴れの関連キーワード取上げ親和船箕被誤爆巧者