コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手捏ね テヅクネ

デジタル大辞泉の解説

て‐づくね【手×捏ね】

手ずからこしらえること。手づくり。
「―の束ね髪にも、憐らしや女気に」〈二葉亭其面影
手捻(てびね)り」に同じ。

て‐こね【手×捏ね】

《「てごね」とも》手でこねること。また、そうしてできたもの。手製のもの。「手捏ねハンバーグ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てづくね【手捏ね】

自分で手ずからこしらえること。手作り。
手捻てびねり 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の手捏ねの言及

【土器】より

…ろくろを使うと,回転運動の遠心力を利用して,粘土塊から器の形を挽(ひ)き出すことができる。ろくろを使わない土器作りには,(1)粘土塊の中央に指でくぼみを作り,しだいに周囲の壁を薄くして器の形に仕上げる〈手捏ね(てづくね)〉,(2)粘土紐,あるいはそれを平らにした粘土帯を環状(輪積み),螺旋(らせん)状(巻上げ)に積み重ねて器の形を作る〈紐作り〉,(3)既成の土器の下半部や籠あるいは専用の型を用意し,その内側に粘土を押しつけて器の形を作る〈型起し(型作り)〉の方法がある。紐作りでは,木の葉,網代(あじろ),布,板などを下敷にしたり,回転可能な台(回転台)上で作業したりして,製作中の土器の向きを変えることが多い。…

※「手捏ね」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手捏ねの関連キーワードUMAMI BURGER本阿弥光甫大田垣蓮月手作り束ね髪長次郎女気藩窯ねり

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手捏ねの関連情報