コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手焙形土器 てあぶりがたどき

1件 の用語解説(手焙形土器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手焙形土器
てあぶりがたどき

弥生時代後期から古墳時代初頭まで存続した異形土器。畿内で多く発見され,西は岡山,東は静岡地域まで広く分布する。鉢形土器の上部片側が半円状におおわれており,手あぶり火鉢に似ているところからこの名がつけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手焙形土器の関連キーワード鋸歯文富山県富山市婦中町長沢奈良県桜井市太田奈良県桜井市箸中奈良県桜井市東田鳥取県米子市福市福岡県直方市上境福岡県福岡市西区野方熊本県山鹿市方保田湯納遺跡

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone