岡山(読み)おかやま

精選版 日本国語大辞典「岡山」の解説

おか‐やま をか‥【岡山】

[1] 〘名〙
と山。
※今昔(1120頃か)二八「隣の国の百姓雲の如くに集り来て、岳山(をかやま)とも不云」
② 岡のような山。低い山。
※太平記(14C後)三二「此の道辻、彼の岡(ヲカ)山に取り上げて鐘を鳴らし」
[2]
[一] 岡山県南部の地名。県庁所在地。平安初期、藤原氏の荘園が置かれる。戦国時代宇喜多氏が築城、山陽道を貫通させ、町人を集めて城下町を完成。江戸時代は池田氏三一万五千石の城下町。後楽園、岡山城址がある。明治二二年(一八八九)市制。瀬戸大橋によって四国と結ばれている。
[三] 大阪府四条畷市北西部の地名忍岡(しのびのおか)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「岡山」の解説

おかやま〔をかやま〕【岡山】

中国地方南東部の県。もとの備前備中美作(みまさか)3国にあたる。人口194.5万(2010)。
岡山県南部の市。県庁所在地。江戸時代は池田氏の城下町。山陽・山陰・四国を結ぶ交通の要地で、商業・工業が発達。岡山城後楽園などがある。平成19年(2007)1月、建部町・瀬戸町を編入。平成21年(2009)4月、全国で18番目の指定都市となった。人口71.0万(2010)。
[補説]岡山市の4区
北区中区東区南区

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「岡山」の解説

岡山
こうざん / カンシャン

台湾南西部の町。高雄(たかお/カオシュン)の北20キロメートル、台南との中間に位置する。南12キロメートルに重要な海・空軍基地(左営(さえい))があり、南北交通の要所である。付近の大岡山(343メートル)は南台湾の仏教の聖地で、山中に超峰(ちょうほう)寺を中心とする多数の寺院があり、山麓(さんろく)に温泉(冷泉)が湧出(ゆうしゅつ)し、保養地となっている。東5キロメートルに阿公店(あこうてん)ダムがある。周辺の農村ではサトウキビが栽培され、製糖工場もある。また近年、南部工業地帯の発展に伴い、セメントをはじめ大小の工場が林立する。

[劉 進 慶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゴールデンカムイ

「週刊ヤングジャンプ」(集英社発行)で2014年38号より連載されている北海道出身の漫画家・野田サトルの漫画作品。日露戦争の帰還兵である杉元佐一が北海道で一攫千金を目指して繰り広げる冒険劇で、作中のア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android