手目が上がる(読み)てめがあがる

精選版 日本国語大辞典の解説

てめ【手目】 が 上(あ)がる

悪だくみが露見する。化けの皮がはげる。いかさまが発覚する。
※歌舞伎・天満宮菜種御供(1777)五「畑が荒れると気を付けて、皆番をしてゐた所が、〈略〉手目(テメ)は上った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android