コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手網 てあみ

大辞林 第三版の解説

てあみ【手網】

手にもって魚をとる網。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手網の関連キーワード林屋 正蔵(5代目)ランディングネット地引網(地曳網)掬い網・抄い網崎山次郎右衛門関東漁業開発内水面漁業大甫七重郎鵜飼(漁)館山(市)パッチ網東郷温泉網張温泉八つ手網シラウオ縫切り網浮引網さで網定置網網漁具

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手網の関連情報