コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

才弾け サイハジケ

デジタル大辞泉の解説

さい‐はじけ【才弾け】

小利口でなまいきであること。また、利口で機転のきくこと。
「―にもあらず全(まる)きりの愚鈍にもあらざる様子」〈露伴・いさなとり〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいはじけ【才弾け】

利発で抜け目なく、小才がきくこと。 「生得うまれえて-の一徳には生覚なまおぼえながら飲込みも早く/浮雲 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

才弾けの関連キーワード飲込み小才