コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸田露伴 こうだ ろはん

10件 の用語解説(幸田露伴の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

幸田露伴

小説家・随筆家。東京生。名は成行、号は蝸牛庵。電信修技学校卒業後電信技手として北海道へ赴任するが、文学への思いやまず帰京。『露団々』『風流仏』などの作品によって理想派の作家として文名を確立、写実派の尾崎紅葉と人気を二分した。代表作に『五重塔』『一口剣』等。芸術院会員文化勲章受章。昭和22年(1947)歿、80才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうだ‐ろはん〔カウだ‐〕【幸田露伴】

[1867~1947]小説家・随筆家・考証家。東京の生まれ。本名、成行(しげゆき)。別号、蝸牛庵(かぎゅうあん)など。明治22年(1889)「露団々」「風流仏」で名声を確立。尾崎紅葉と並ぶ作家となった。のち考証・史伝・随筆に新境地を開いた。第1回文化勲章受章。小説「五重塔」「風流微塵蔵」「運命」「連環記」、評釈「芭蕉七部集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

幸田露伴【こうだろはん】

小説家。本名成行(しげゆき)。別号,蝸牛庵(かぎゅうあん)など。江戸神田の生れ。逓信省電信修技学校卒。西鶴など江戸文学に親しみ作家を志す。1889年雑誌《都の花》に《露団々》を発表,続く《風流仏》《対髑髏》で文名を高めた。
→関連項目郡司成忠幸田成友しからみ草紙新小説田村俊子中西梅花樋口一葉読売新聞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸田露伴 こうだ-ろはん

1867-1947 明治-昭和時代の小説家。
慶応3年7月23日生まれ。幸田延(のぶ),成友(しげとも),安藤幸(こう)の兄。幸田文(あや)の父。幼少より漢籍や江戸文学にしたしむ。明治25年「五重塔」で尾崎紅葉とならぶ文名をえる。のち史伝や随筆,考証の領域に執筆活動の重心をうつす。昭和12年第1回文化勲章。22年「評釈芭蕉(ばしょう)七部集」を完成させ,同年7月30日死去。81歳。江戸出身。逓信省電信修技学校卒。本名は成行(しげゆき)。別号に蝸牛庵(かぎゅうあん)。著作はほかに小説「風流仏」,史伝「運命」など。
【格言など】今の人ややもすれば益の道の可なるを知って損の道の妙を知らず

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

幸田露伴

没年:昭和22.7.30(1947)
生年:慶応3.7.23(1867.8.22)
明治から昭和時代の小説家,随筆家,考証家。26日生まれとも。本名は成行,露伴は号である。別号は叫雲老人,蝸牛庵,雷音洞主,脱天子。江戸下谷生まれ。父は成延,母は猷。幸田文の父。電信修技学校卒。電信技手として北海道に赴任したが,明治20(1887)年,文学を志して帰京。22年,『露団々』『風流仏』で作家としての地位を確立し,尾崎紅葉と人気を分かちあった。同25年,代表作『五重塔』を発表。ただし,長編小説は不得手で,『風流微塵蔵』(1893~)も『天うつ浪』(1903~)も未完に終わった。37~38年の日露戦争後は文壇を離れて考証と史伝に筆をそそぎ,『運命』(1919)などを著す。大正9(1920)年から死の年にかけて『芭蕉七部集評釈』を執筆。また,昭和15(1940)年には小説『連環記』を発表,晩年の熟達した技量を示した。釣り,将棋の愛好家としても知られ,平板な文学史の枠には収めきれない稀に見る知的巨人である。今日,露伴の文章を読むとき,日本語とはこれほど芳醇なものであったかとの思いを禁じ得ない。例えば,史伝『日本武尊』の冒頭の「御寿も猶ほ花ならば咲きの盛りに至らず,月ならば光りの円なるを示されざるほどの御齢に,口惜くも嵐に散り,雲に隠れさせたまうた」という一節をみると,「若くして世を去った」「夭逝した」などとしか記せない現在の日本語の貧困が思いやられるのである。著作集に『露伴全集』(1949~58)がある。

(古田島洋介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

幸田露伴

1867〜1947(慶応3年〜昭和22年)【小説家・随筆家】急速に失われる江戸文化を嘆いた江戸っ子文士。 兄弟も多彩に活躍。明治〜昭和期の小説家・随筆家・考証家。本名成行(しげゆき)。別号蝸牛庵(かぎゆうあん)・脱天子など多数。江戸下谷三枚橋の幕府表坊主役の家に生まれる。兄弟は実業家幸田成常、千島探検の郡司成忠、歴史家幸田成友音楽家幸田延、安藤幸と多彩。電信修技学校卒業。1889年(明治22)電信技師として赴任した北海道余市から帰京、「露団々(つゆだんだん)」を発表。以後「風流仏」「五重塔」などで作家の地位を確立。写実の紅葉(尾崎紅葉)、理想主義の露伴と並び称された。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうだろはん【幸田露伴】

1867‐1947(慶応3‐昭和22)
小説家。本名成行(しげゆき)。別号,蝸牛庵(かぎゆうあん)など。江戸の,代々幕府に仕えて有職故実にかかわったお坊主衆の家に生まれた。兄に千島探検家の郡司成忠,弟に歴史家の幸田成友,妹に音楽家の幸田延(のぶ),安藤幸(こう)などがいる。少年時から和漢の諸書を耽読し,独自の教養世界の土壌を培った。電信修技学校に学び,技手として北海道に赴任するが文学への思いやみがたく,職を放棄して東京へ帰り,尾崎紅葉らと交わりながら創作活動を開始し,《風流仏》(1889)によって新進作家の場を確保した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうだろはん【幸田露伴】

1867~1947) 小説家・随筆家・考証家。江戸下谷生まれ。本名、成行しげゆき。別号、蝸牛庵かぎゆうあんなど。明治20年代、尾崎紅葉と並び称され、恋愛と芸道の理想を男性的気魄きはくに満ちた文章で表現。のち東洋的博学を基盤に随筆・史伝・考証に独自の境地を開拓。小説「風流仏」「五重塔」「連環記」、史伝「運命」、また「評釈芭蕉七部集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幸田露伴
こうだろはん

[生]慶応3(1867).7.23. 江戸
[没]1947.7.30. 市川
文学者。本名,成行 (しげゆき) 。通称,鉄四郎。別号,叫雲老人,蝸牛庵 (かぎゅうあん) ,脱天子など。少年時代東京図書館に通い古今の文学書を読破した。『露 (つゆ) 団々』 (1889) で彗星のごとく登場,以来『風流仏』 (89) ,『一口剣』 (90) ,『五重塔』 (91~92) ,『風流微塵蔵』 (93~95,未完) などの名作を発表し,尾崎紅葉と並んで「紅露」時代と呼ばれる一時期を画した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幸田露伴
こうだろはん
(1867―1947)

小説家、随筆家、考証家。本名成行(しげゆき)。別号蝸牛庵(かぎゅうあん)、雷音洞主(らいおんどうしゅ)、脱天子など。慶応(けいおう)3年7月23日(一説に26日)に江戸の下谷で、幕臣成延(しげのぶ)、母猷(ゆう)の第4子として生まれる。次兄郡司成忠(ぐんじなりただ)は海軍大尉、次弟成友(しげとも)は経済史学者、妹延子、幸子(さちこ)は音楽家として知られる。家は代々江戸城の表坊主衆を勤め、有職故実(ゆうそくこじつ)や遊芸に詳しく、露伴もまたその薫陶を受けて育った。幼少時から儒学を学び、また曲亭馬琴(ばきん)、柳亭種彦(りゅうていたねひこ)らの近世小説や中国小説を耽読(たんどく)した。1883年(明治16)に父の勧めで電信修技学校に入学、翌年卒業後の実習を経て85年北海道の余市(よいち)に電信技手として赴任した。しかし、坪内逍遙(つぼうちしょうよう)の『小説神髄』などによって新しい文学への道を示唆されたことが、露伴の運命を変えることになった。文学への夢と職業との矛盾に悩んだ露伴は、ついに2年後の87年に「よし突貫して此(この)逆境を出(い)でむ」(『突貫紀行』)との決意で余市を脱出し、東京に帰った。帰京後、父の感化で聖書を読んだが、信仰とは無縁だった。同じころ井原西鶴(さいかく)の存在を知って影響を受け、また、仏教関係の書を耽読したという。
 1889年(明治22)『都の花』に処女作の短編『露団々(つゆだんだん)』を発表。ついで同年9月の『風流仏(ふうりゅうぶつ)』(『新著百種』第5号)の成功によって文名を得た。恋を失った彫刻師の精進(しょうじん)が女に似せて彫った仏像に生命を吹き込むという、恋愛の至上と芸道の神秘を仏教思想の枠組みを借りて描いた異色作で、東洋哲学を根底に据えた理想主義という露伴文学の独自性もすでにうかがえる。紅露時代として双称された尾崎紅葉(こうよう)が写実に徹し、女性描写に優れていたのに対して、露伴は一芸に生きる男の不退転の気力を雄渾(ゆうこん)な文体で描き続け、無骨な大工の創造への飽くなき執念と意地を描いた『五重塔』(1891~92)に一つの頂点を示している。鯨取りの名手の奔放な生涯を描いた『いさなとり』(1891)、多彩な登場人物の運命の転変を連環して、人生の諸相を彷彿(ほうふつ)しようとした『風流微塵蔵(みじんぞう)』(1893~95、中絶)などの野心作があり、また、90年に『日本之文華』に発表した『対髑髏(たいどくろ)』は、複式夢幻能の形式に擬して、数奇な宿命に翻弄(ほんろう)された女の煩悩(ぼんのう)と解脱(げだつ)を、虚と実のあやなす詩的空間に描いた佳作である。その後、森鴎外(おうがい)、斎藤緑雨(りょくう)らとともに、雑誌『めさまし草』(1896創刊)の創作合評(「三人冗語」「雲中語」)に参加したが、日露戦争後の自然主義中心の文壇動向を嫌悪したこともあって、文明社会の批判を意図した長編『天(そら)うつ浪(なみ)』(1903~05)の中絶後は創作の筆をほとんど廃するに至った。以後は考証、史伝、随筆の世界に新しい領域を開くことになるが、終始、文壇の主流から孤立しながら、老荘、儒仏などの東洋哲学への該博な造詣(ぞうけい)が世人の畏敬を集め続けた。その間、1895年に山室幾美子と結婚、1904年(明治37)に次女文(あや)が出生、また、08年から1年間、京都帝国大学(文科大学)の講師を務め、11年には文学博士の学位を受けている。
 大正期の露伴は、『修省(しゅうせい)論』(1914)など、人生への深い洞察を秘めた修養論を書き継ぐかたわら、1919年(大正8)に『改造』に発表した『運命』で史伝の最高峰を極めた。明(みん)の正史に取材して、帝位を追われた者、追った者の半生の対照を克明にたどりながら、人為を超えた「数」(天命)の帰趨(きすう)を鮮やかに表現した傑作である。翌20年には『芭蕉(ばしょう)七部集』の評釈にも着手している。これは心血を注いだ仕事として長く持続され、死の年に至ってようやく完成された。37年(昭和12)に文化勲章を受章、ふたたび創作に意欲を燃やし、小説集『幻談』(1941)所収の4編が書かれた。なかでも『連環記』(1941)は仏教の無常観を軸に、さまざまな人間たちの生と死を描き分け、人生の奥行を彷彿する最後の傑作で、『運命』とともに、近代小説の枠組みを大きく踏み越えた自在な手法が闊達(かったつ)な語り口とあわせ注目された。東洋の哲学や文学についての幅広い教養を駆使した露伴の文学はそれ自体として、西洋化を急いだ日本の近代に対する有力な批評的存在であった。昭和22年7月30日没。[三好行雄]
『『露伴全集』41巻・別巻2・付録1(1978~80・岩波書店) ▽柳田泉著『幸田露伴』増補版(1942・真善美社) ▽高木卓著『人間露伴』(1948・丹頂書房) ▽斎藤茂吉著『幸田露伴』(1949・洗心書林) ▽塩谷賛著『幸田露伴』全3巻(中公文庫) ▽篠田一士著「幸田露伴の空間」(『伝統と文学』所収・1964・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の幸田露伴の言及

【運命】より

幸田露伴の歴史小説。1919年(大正8)《改造》に発表。…

【音義説】より

…学統として秀成の跡を継ぐものはないが,語源に対する興味から,こんにちも音義説に似た議論をする人はいる。幸田露伴の〈音幻論〉のごときは一種の音義説とみなしうる。【亀井 孝】。…

【五重塔】より

幸田露伴の小説。1891‐92年(明治24‐25)《国会》に連載。…

【三人冗語】より

…森鷗外主宰の雑誌《めさまし草》第3~7号(1896年3月~7月)において,鷗外,幸田露伴,斎藤緑雨の3人が行った作品合評。〈頭取(とうどり)〉(鷗外)による作品紹介に続いて,〈ひいき〉〈さし出〉などの変名の人物が批評する形式をとる,最初の匿名座談会形式の文芸時評。…

【春陽堂】より

…しかし,文芸書出版は続け,96年には第2期《新小説》を創刊した。幸田露伴が編集にあたったこの雑誌は1927年《黒潮》と改題されるまで明治・大正年代の文芸雑誌として最も重きをなした。和田は,出版成功のもとは第1に著者にあり,として文壇の一流作家の作品をつねに重んじ,尾崎紅葉の作品を独占的に出版したほか,夏目漱石の主要作品のほとんど,島崎藤村の詩集,森鷗外,泉鏡花などの作品を出版した。…

【釣り】より

…針の大小は数字で表示されるが,日本では数字が小さいほど小型,欧米はこの逆になる。針は大は小を兼ねない,針の型は迷信にすぎないと断言したのは,釣好きで知られる幸田露伴だが,やはり型の選択も必要だろう。
[うき(浮き)とおもり]
 うきは対象魚と釣場の流速,波などの条件によってさまざまな形(図d),素材がある。…

【端唄∥端歌】より

…だが文明開化を経て西洋崇拝の風潮が強まるとともに,端唄は急速に衰退した。かつて文人墨客の手がけた《夕ぐれ》《春雨》《紀伊の国》《京の四季》などが歌われなくなるのを嘆いて,尾崎紅葉や幸田露伴が〈端唄会〉(1901)を催したが,大勢の挽回はできず,1920年代には端唄という名称も音楽も,世間はほとんど忘れ去った。しかし,芸の伝承は絶えることなく,藤本琇丈やその門下の根岸登喜子ら幾人かの有能な演奏家によって継承され,第2次世界大戦後,ふたたび愛好者層を増やしつつある。…

【連環記】より

幸田露伴の小説。1940年(昭和15)《日本評論》に発表。…

【ロマン主義】より

…《蓬萊曲》と《舞姫》は,共に個我に苦しむ主人公を設定して,日本の近代的な自意識の不安を表象しており,また,《於母影》のもつ,清新な感情の解放は,透谷や島崎藤村の詩に深い影響を与えた。 これ以外に,日本固有の精神風土から内発したロマン主義という観点に立って,杉山平助のように,幸田露伴をその先駆者としてあげる例もある(《文芸五十年史》)。杉山は,露伴の仏教を主とする東洋的な運命観を根底にした理想主義に,リアリズムと対抗するロマン主義の誕生を見たのである。…

※「幸田露伴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幸田露伴の関連キーワード平山芦江本山荻舟吉田絃二郎稲垣史生岩本素白木村荘太佐藤垢石野沢純山田キク横山美智子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幸田露伴の関連情報