コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚鈍 グドン

デジタル大辞泉の解説

ぐ‐どん【愚鈍】

[名・形動]判断力・理解力がにぶいこと。頭が悪くのろまなこと。また、そのさま。
「二等と三等との区別さえも弁(わきま)えない―な心が腹立たしかった」〈芥川・蜜柑〉
[派生]ぐどんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐどん【愚鈍】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
無知で間が抜けていること。知力が足りないこと。また、そのさま。 「尚だ人間が-な時代には/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愚鈍の関連キーワード大男総身に知恵が回りかねテレーズ・デスケイルー兵士シュベイクの冒険イオン アントネスクアゼルレッド2世貧すれば鈍する曽呂間・曾呂間プルチネッラ藤原縵麻呂山地芙蓉あやかり愚人列伝謝肉祭劇一文不知愚かしいダボハゼ周利槃特コキュ単純王とろい

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愚鈍の関連情報