コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚鈍 グドン

デジタル大辞泉の解説

ぐ‐どん【愚鈍】

[名・形動]判断力・理解力がにぶいこと。頭が悪くのろまなこと。また、そのさま。
「二等と三等との区別さえも弁(わきま)えない―な心が腹立たしかった」〈芥川・蜜柑〉
[派生]ぐどんさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐどん【愚鈍】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
無知で間が抜けていること。知力が足りないこと。また、そのさま。 「尚だ人間が-な時代には/社会百面相 魯庵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

愚鈍の関連キーワード大男総身に知恵が回りかねテレーズ・デスケイルーイオン アントネスク兵士シュベイクの冒険アゼルレッド2世曽呂間・曾呂間貧すれば鈍するプルチネッラ藤原縵麻呂愚人列伝愚かしいダボハゼあやかり一文不知周利槃特山地芙蓉謝肉祭劇とろい豊心丹五重塔

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愚鈍の関連情報