打殿・擣殿(読み)うちどの

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐どの【打殿・擣殿】

〘名〙 装束の切地(きれじ)などにのりをつけて乾燥したものを、砧(きぬた)で打って柔らかくし艷を出すために設けられた建物。
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「ここかしこのうち殿よりまゐらせたるうち物ども御覧じくらべて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android