コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉鬘 タマカズラ

4件 の用語解説(玉鬘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たま‐かずら〔‐かづら〕【玉×鬘】

[名]
古代の装飾品の一。多くの玉を糸に通した髪飾り。
「押木の―を持たしめて」〈・下〉
かつら・かもじの美称。
「あれを見よしらが女の―」〈誹諧連歌抄・恋〉
[枕]玉鬘を頭にかけるところから、「懸く」またその「かけ」の類音「影」にかかる。
「―かけぬ時なく恋ふれども」〈・二九九四〉
「―影に見えつつ忘らえぬかも」〈・一四九〉

たまかずら【玉鬘】[書名・謡曲]

源氏物語第22巻の巻名。光源氏、34歳から35歳。成人して筑紫から上京した玉鬘が、源氏の養女となるいきさつを描く。
の女主人公の名。頭中将(とうのちゅうじょう)の娘。母は夕顔。筑紫から上京し、源氏に養われ、貴公子たちに懸想されるが、鬚黒(ひげくろ)大将の妻となる。
(「玉葛」とも書く)謡曲。四番目物金春禅竹(こんぱるぜんちく)作。源氏物語に取材。玉鬘の霊が死後も晴れぬ妄執を打ち明ける

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉鬘 たまかずら

「源氏物語」の登場人物
父は頭中将(とうのちゅうじょう)。母は夕顔。乳母に筑紫(つくし)でそだてられ,のち光源氏の養女となる。冷泉(れいぜい)帝などに求婚されるが,結局,きらっていた無骨な髯黒(ひげくろの)大将と結婚した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

たまかずら【玉鬘】

[3] ( 名 )
古代の装身具。多くの宝玉を緒で連ねて頭に飾る。
〔「たま」は美称〕
かもじ・かつらの美称。
仏具の華鬘けまんの美称。
( 枕詞 )
華鬘を「かげ」ともいったので、「かげ」「掛く」にかかる。 「 -影に見えつつ忘らえぬかも/万葉集 149」 「 -かけぬ時なく恋ふれども/万葉集 2994

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉鬘の関連キーワード絵合匂宮関屋竹河初音花散里花の宴紅葉賀蓬生藤裏葉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉鬘の関連情報