玉鬘(読み)タマカズラ

デジタル大辞泉の解説

たま‐かずら〔‐かづら〕【玉×鬘】

[名]
古代の装飾品の一。多くの玉を糸に通した髪飾り。
「押木の―を持たしめて」〈・下〉
かつら・かもじの美称。
「あれを見よしらが女の―」〈誹諧連歌抄・恋〉
[枕]玉鬘を頭にかけるところから、「懸く」またその「かけ」の類音「影」にかかる。
「―かけぬ時なく恋ふれども」〈・二九九四〉
「―影に見えつつ忘らえぬかも」〈・一四九〉

たまかずら【玉鬘】[書名・謡曲]

源氏物語第22巻の巻名。光源氏、34歳から35歳。成人して筑紫から上京した玉鬘が、源氏の養女となるいきさつを描く。
の女主人公の名。頭中将(とうのちゅうじょう)の娘。母は夕顔。筑紫から上京し、源氏に養われ、貴公子たちに懸想されるが、鬚黒(ひげくろ)大将の妻となる。
(「玉葛」とも書く)謡曲。四番目物金春禅竹(こんぱるぜんちく)作。源氏物語に取材。玉鬘の霊が死後も晴れぬ妄執を打ち明ける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉鬘 たまかずら

「源氏物語」の登場人物。
父は頭中将(とうのちゅうじょう)。母は夕顔。乳母に筑紫(つくし)でそだてられ,のち光源氏の養女となる。冷泉(れいぜい)帝などに求婚されるが,結局,きらっていた無骨な髯黒(ひげくろの)大将と結婚した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまかずら【玉鬘】

[3] ( 名 )
古代の装身具。多くの宝玉を緒で連ねて頭に飾る。
〔「たま」は美称〕
かもじ・かつらの美称。
仏具の華鬘けまんの美称。
( 枕詞 )
華鬘を「かげ」ともいったので、「かげ」「掛く」にかかる。 「 -影に見えつつ忘らえぬかも/万葉集 149」 「 -かけぬ時なく恋ふれども/万葉集 2994

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android