コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗酸化作用 コウサンカサヨウ

デジタル大辞泉の解説

こうさんか‐さよう〔カウサンクワ‐〕【抗酸化作用】

生体内で、酸素が関与する有害な作用を抑制するはたらき。このはたらきをもつ物質を抗酸化物質という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

抗酸化作用の関連キーワードアスコルビン酸カルシウムコエンザイムキューテンカカオポリフェノールコエンザイムQ10アスタキサンチンベータカロテンポリフェノールトコフェロールラクトフェリンアスコルビン酸エリオシトリンテアフラビン類ビタミンB13アントシアニンカロテノイド南部ロイヤルクロロフィル大豆サポニンフラボノイド八重山カズラ

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗酸化作用の関連情報