抗酸化物質(読み)コウサンカブッシツ

デジタル大辞泉の解説

こうさんか‐ぶっしつ〔カウサンクワ‐〕【抗酸化物質】

生体内で、酸素が関与する有害な作用を抑制する物質の総称。活性酸素が細胞内で過剰な酸化ストレスを引き起こさないよう、強い還元性によりその反応を無害化する。ビタミンCビタミンEポリフェノールなどが知られる。食品添加物としては酸化防止剤とよばれる。抗酸化剤

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうさんかぶっしつ【抗酸化物質】

体内の活性酸素を消去する作用のある物質。ビタミン C 、ベータカロテン、ポリフェノールなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗酸化物質の関連情報