コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗酸化物質 コウサンカブッシツ

デジタル大辞泉の解説

こうさんか‐ぶっしつ〔カウサンクワ‐〕【抗酸化物質】

生体内で、酸素が関与する有害な作用を抑制する物質の総称。活性酸素が細胞内で過剰な酸化ストレスを引き起こさないよう、強い還元性によりその反応を無害化する。ビタミンCビタミンEポリフェノールなどが知られる。食品添加物としては酸化防止剤とよばれる。抗酸化剤

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうさんかぶっしつ【抗酸化物質】

体内の活性酸素を消去する作用のある物質。ビタミン C 、ベータ-カロテン、ポリフェノールなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

抗酸化物質の関連キーワードポリフェノール・ゴマリグナン・イソフラボンポリフェノール空清フィルタースポーツとサプリメント疲労・倦怠感・夏バテその他のオレンジ類ファイトケミカルスモモ・プルーンスルフォラファンアスタキサンチンスカベンジャーカリフラワービタミンAセサモール脂質異常症セサモリン抗酸化作用キャベツセサミンカロテンビタミン

抗酸化物質の関連情報