抱え地(読み)カカエチ

デジタル大辞泉の解説

かかえ‐ち〔かかへ‐〕【抱え地】

江戸時代、所有地のこと。特に、放置したまま所有する土地。
江戸時代、武士・町人などが農民から買い取って所持した土地。元禄4年(1691)以降、家作を禁じられ、野田のまま所有しなければならなかった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かかえち【抱え地】

江戸時代、所有地のこと。
江戸時代、武士・寺院・町人などが農民から買い取った土地。1691年以降、家作を禁じられ、野原や田地のまま所有しなければならなかった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抱え地の関連情報