コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抱え地 カカエチ

デジタル大辞泉の解説

かかえ‐ち〔かかへ‐〕【抱え地】

江戸時代、所有地のこと。特に、放置したまま所有する土地。
江戸時代、武士・町人などが農民から買い取って所持した土地。元禄4年(1691)以降、家作を禁じられ、野田のまま所有しなければならなかった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かかえち【抱え地】

江戸時代、所有地のこと。
江戸時代、武士・寺院・町人などが農民から買い取った土地。1691年以降、家作を禁じられ、野原や田地のまま所有しなければならなかった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

抱え地の関連情報