野田(読み)のだ

精選版 日本国語大辞典「野田」の解説

の‐だ【野田】

[1] 〘名〙 野の中にある田。
※現存六帖(1249‐50頃)「しもがれののたの草根に伏す鴫の何のかげにか身をもかくさん〈藤原為家〉」
[2]
[一] 千葉県北西部の地名。利根川と江戸川にはさまれた台地上にある。東武野田線が通じる。江戸初期以来の醤油(しょうゆ)醸造が主産業。昭和二五年(一九五〇)市制。
[二] 宮城県塩竈市の地名。→のだのたまがわ(野田玉川)(一)

や‐でん【野田】

〘名〙 原野と田地。田野。また、野中にある田。
※文華秀麗集(818)上・奉和春日江亭閑望〈仲雄王〉「野甸宸衷遠、川皐睿望賖」 〔鄒陽‐酒賦〕

の‐でん【野田】

〘名〙 野や田。野と田ばかりのような場所。
※歌舞伎・御摂勧進帳(1773)四立「今日は野田(ノデン)の月一つ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「野田」の解説

の‐だ【野田】

野の中にある

のだ【野田】[千葉県の市]

千葉県北西部の市。利根川江戸川に挟まれる台地にあり、江戸時代以来の醤油産地。人口15.5万(2010)。

のだ【野田】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「野田」姓の人物
野田誠三(のだせいぞう)
野田佳彦(のだよしひこ)

のだ【野田】[ロシアの旧地名]

ロシア連邦の町チェーホフの、日本領時代の名称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「野田」の解説

野田
のだ

鹿児島県北西部,出水市西部の旧町域。出水平野の西部を占める。 1975年町制。 2006年出水市,高尾野町と合体して出水市となった。主産物は米とミカン養豚養鶏にも力を注いでいる。ツルの渡来地で,国の特別天然記念物に指定。史跡も多く,島津家の始祖島津忠久らの墓所である五廟社 (ごびょうしゃ) のある薩摩最古の禅寺といわれる感応寺 (かんうじ) などがある。

野田
のだ

大阪市福島区中部の一地区。もとはと呼ばれる安治川淀川の洲の1つ。明治中期までは近郊農村であったが,1905年の現阪神電気鉄道の開通以来,市街地となり,現在では JR大阪環状線野田駅があり,地下鉄千日前線の起点でもある交通の要地で,ターミナル商店街としてにぎわう。

野田
のだ

埼玉県南東部,さいたま市東部の地区。芝川綾瀬川に囲まれた大宮台地に位置する。サギの群生地として有名であった。かつては春になると数千羽のサギが渡来し,営巣,繁殖して,秋になると去るという光景がみられたが,現在は都市化が進んだために消滅し,みることができない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「野田」の解説

野田
のだ

千葉県北西部,江戸川沿岸にある都市。江戸時代以来の醬油産地
中世,足利成氏 (しげうじ) の家臣野田右馬介の支配地。江戸初期から醬油醸造を開始した。江戸への水運が良く,近江商人進出で発展。近代に入り,1927〜28年の216日に及ぶ野田醬油労組のストライキは有名。'50年に市制施行。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android