押下(読み)オウカ

デジタル大辞泉の解説

おう‐か〔アフ‐〕【押下】

[名](スル)押し下げること。特に、操作ボタンやキーボードのキーなどを押すこと。「実行ボタンを押下する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうか【押下】

スル
ボタンやキーボードを押すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おし‐おろ・す【押下】

〘他サ五(四)〙 (「おし」は接頭語)
① 「おろす(下)」を強めていう。
平家(13C前)九「内々は六七十人してあげおろす船を、只一人しておしあげおしおろす程の大力也」
② むりにおろす。位などをむりに下げる。
※平家(13C前)四「主上ことなる御つつがもわたらせ給はぬを、をしおろしたてまつり、東宮践祚(せんそ)あり」

おし‐くだ・す【押下】

〘他サ四〙 物を押して下へさげる。おしさげる。
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「平調にをしくだして調へ給ふ」

おし‐さ・げる【押下】

〘他ガ下一〙 おしさ・ぐ 〘他ガ下二〙
① 物を押して下の方へ下げる。むりやりに下げる。力を入れて下げる。
※源氏(1001‐14頃)藤裏葉「おとどは中宮の御母御息所の車おしさげられたまへりしをりのことおぼしいでて」
② 見下げていやしめる。非礼な扱いをする。
※玉塵抄(1563)一七「周鉞を奴とをしさげて云たぞ」
③ 気持をおさえて落ち着かせる。おさえてこらえる。
※浮世草子・好色盛衰記(1688)一「片腹いたきをおしさげ、同じ客ながら機嫌をとるはうたてかりき」

おっ‐さ・げる【押下】

〘他ガ下一〙 おっさ・ぐ 〘他ガ下二〙 (「おしさげる(押下)」の変化した語)
史記抄(1477)一二「のっかかって、をっさげて、あてて云ぞ」
※大観本謡曲・鳥追舟(室町末)「結句主(しう)を追っ下げて、下人に使ふべき謂(い)はればしあるか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

押下の関連情報